群発頭痛・片頭痛でお悩みの方。
名古屋市北区大曽根の太田整体院へお越し下さい。
群発頭痛・片頭痛を根本的に解決します。

予約電話 052-982-0408

お気軽にお問合せください。

群発頭痛をほんの少しでも楽にしませんか?

大曽根太田整体院では群発頭痛としっかり向き合い、

群発頭痛の痛みの軽減・群発期の短縮・再発の防止

群発頭痛に関する各種問題に対応する整体療法を行っております。

群発頭痛とは…

群発頭痛とは

発症のメカニズムについてはまだまだ明らかにされていない点が多いが、頭部の血管の拡張が関わっているのではないかと考えられている。
飛行機の着陸時に耳を何某かのもので塞いでいたら、この痛みが出たというケースもある。

群発頭痛の最大の特徴は1年から3~4年に一度、1か月から3か月に渡る「群発期」に毎日のように決まった時間に発症する場合が多い。 群発地震のようにある時期に固まって起きることから、群発頭痛と言われている。 日本では、片頭痛や三叉神経痛と間違われる場合が多く、この病名を知らない人も多いと考えられる。殆ど深夜2時から4時頃に痛みで目が覚める。

痛みは数ある頭痛の中でも群を抜き、「スプーンで目玉をエグられる程」

と例えられる事もある。 お産などよりも痛いとされ、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされ、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれている。
目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥の痛みを自覚するようである。
また、この血管を取り巻いて、涙腺のはたらきや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙・鼻水が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うともいわれる。吐き気を伴う場合もある。

 

群発頭痛の特徴「最強クラスの痛み」

群発頭痛の大きな特徴1つが激しい痛みです。

群発頭痛の痛みは人が経験できる痛みの中では最強クラスで、前述したようにその痛みに耐えかねて自殺するものもいるので「自殺頭痛」との別名もあるくらいの痛みなのです。

その痛みを言葉にするならば、鋭利な刃物で目玉を後頭部まで貫かれグリグリとえぐられているような痛み。
群発頭痛の患者さんの中には頭痛が起きた時に、その痛みが他のすごさから救急車で病院に運び込まれるという経験をした方も多くいます。
またその痛みに耐えかねて失神することもあるほどなのです。

群発頭痛の特徴「頭痛に周期がある」

群発頭痛には頭痛が集中的に起こる「群発期」があり、その群発期には周期があり、平均は1年から2年おき、長い人で3年以上間隔が空く人もまれにいます。一度群発期に入ると1か月から2か月くらいは毎日のように激しい痛みに襲われます。

群発期に入るとその激しい痛みのために日常生活にも支障をきたすようになります。
なかには頭痛の為に仕事に支障をきたし、社会的信用を失い、職を失うという不幸なケースもあります。

ただし群発期以外には頭痛は全く起こらず、どのような検査をしても健康そのものなのでそのことがこの頭痛の治療法の確立を難しくしている一因となっています。

群発頭痛の特徴「有効な治療法がない」

現段階で群発頭痛を根本的に解決する有効な治療法はありません。
痛みに対して有効なトリブタン系(イミグラン)の薬を服用することが一般的な治療。
ただこのトリブタン系(イミグラン)の薬は服用のタイミングが難しく、さらに副作用もあるので1日1回以上の服用が限度され、しかも薬自体が非常に高価なものとなっております。トリブタン系(イミグラン)の薬は錠剤1回300円、自己注射キット1回あたり1000円ほどになります。

群発期が長くなればそれだけ医療費の負担の大きなものなります。
またトリブタン系(イミグラン)の薬は長期の服用で薬物乱用頭痛の発生リスクも高くなります。

 

群発頭痛は改善のカギは頭蓋骨と頸椎(首の骨)

当院では群発頭痛の改善のために頭蓋骨と頸椎の調整を行っております。
頭蓋骨は15種23個のパーツから成り立っており、それがバランスよく組み合わさって頭部を形成しております。
また頭部を支える頸椎(首の骨)とのバランス。

この頭蓋骨と頸椎のアンバランスが頭痛の原因と考え、頭蓋骨の調整と頸椎の調整にて群発頭痛の改善を行います。

太田整体院では頭蓋骨・頸椎の調整にて群発頭痛を改善していきます。
この方法は数多くの群発頭痛の患者さんの協力のもとに構築された独自方法です。

 

群発頭痛は改善のカギは頭蓋骨と頸椎(首の骨)

男性 36才(2012年7月現在)
群発発症 1997年 発症時 15歳
・周期 1年に1回
・期間 2か月弱
・発症時期 4月
・頭痛発作時間帯 午前1時 

頭痛の発作時にはイミグラン自己注射を使用しなくて耐えられなく、群発期には仕事もほとんど手につかなくなる状態

【初めて来院】

2012年4月に初来院 頭蓋骨の調整を行う
頭痛の回数が減少傾向になる
1週間ごとに2回ほど来院してもらい頭蓋骨調整を継続
頭痛が起きなくなった。本来であれば群発期の終息はまだ先だがこの時点で群発期が終わりならば1月以上も群発期が短縮されたことになる。
1か月の経過観察後再来院、その間に頭痛はまったく起きなかった。

初回来院で群発頭痛の痛みのピークカット、群発期の短縮ができ施療の効果が確認できた。
次回の群発期まで施療を一旦終了。

【2回目の来院】

2015年9月来院
軽い群発頭痛の症状が出たため来院。
前回群発頭痛から3年の間隔が空く(本来ならば1年ごとに群発頭痛)
症状的にもかなり軽くなっている。来院時、多少の頭重があるが施療後改善
経過観察の為に1か月後に再来院をお願いする

一か月の経過観察をしたが頭痛は全く起きなかつた。

前回の群発頭痛から間隔がかなり空いたこと、激しい痛みもなかったことから他の症例と比べて、今後群発頭痛が起きる可能性がかなり低くなったので

この方の群発頭痛は終息したと考えてよい。ただ現在も経過観察中であるが頭痛の発作は1度も来ていない。

当院の「群発頭痛」終息へのアプローチ

●激しい痛みへのアプローチ

当院では群発頭痛の激しい痛みを少しでも緩和できるようにアプローチしていきます。
当院での施療後、群発頭痛の発作時の痛みがどのくらい軽減するかが施療効果の一つの目安となります。

◎痛みの軽減!!

●群発期短縮へのアプローチ

平均で1か月から2か月ある群発期をどのくらい短縮できたかで施療の効果を図ります。
当院での施療後、多くの方が群発期の短縮ができております
およそ平均で群発期を半分以下にすることが可能です。

◎群発期を短くする!!

●群発頭痛完全終息へのアプローチ

施療を開始から痛みの軽減、群発期の短縮を行いつつ、頭痛のパターンを把握して
群発頭痛の完全終息を目指します

◎群発頭痛の完全終息!!

施療受付時間・施療代金

施療受付時間

月曜日~ 土曜日

日曜定休

午前 9時~午後 8時まで

【予約制】

施療代金

【群発頭痛・片頭痛の方】

頭痛整体療法  初回10000

2回目以降5000 (一般整体療法併用の場合は7000円)

※当院利用者様の紹介の場合は 初回から2回目以降の料金適応  

※緊張性頭痛の方は一般整体療法にて対応
一般整体療法についてはhttp://ota-seitai.com/をご覧ください。

あなたのお悩みを解決したいときは…

あなたのお悩みを解決したいときは…

メールは

info@ota-seitai.com

予約電話 052-982-0408

お気軽にお問合せください。

お名前

Eメール

電話番号

性別 男 ・

お悩み 群発頭痛  片頭痛  緊張性頭痛  その他

予約希望日

第一希望
第二希望
第三希望

予約希望時間

第一希望 午前  午後 
第二希望 午前  午後 
第三希望 午前  午後 

連絡事項

  

大曽根太田整体院のアクセス

交通に便利!大曽根駅から徒歩3分。仕事帰りにお越しいただけます!!

名古屋市北区の整体院、大曽根太田整体院へのアクセスは

【お車の方は】カーナビを「名古屋市北区山田1丁目6-14」にセット、東大曽根の交差点を北に100メートル、付近のコインパーキングに駐車してください。

【地下鉄の方は】名城線 大曽根駅 下車 5番出口 徒歩3分

【JRの方は】中央線 大曽根駅 下車 北側出口 徒歩3分

【名鉄瀬戸線の方は】大曽根駅 下車 北側出口 徒歩3分

↑ このページのトップ